マーケティングから戦略を立案する。
戦略を元にWebサイトを作る。

Service- 私達がご提供できるソリューション -

ブランド力の向上。潜在顧客の発掘。集客力、売上に貢献できるホームページの制作には、いくつもの段階に分かれた工程があります。

マーケティング

データ分析・ヒューリスティック評価をもとに、ユーザ行動フロー分析と仮説立てを行いWebサイト収益モデルを立案いたします。ターゲット層に最適化された情報を届ける仕組みをご提供します。

戦略立案

分析結果を元に、中長期的なWebサイトのゴールを設定します。Webサイトをどの様に活用していけば、収益・リードが獲得できるのか。お客様のビジネスモデルに応じた戦略を立案します。

要件定義

戦略をベースに、Webサイトに実装すべき機能や満たすべき性能などを明確にしていきます。制作側とお客さまで認識の齟齬がないか確認していき、作り上げるWebサイトの認識を合わせます。

画面設計

ユーザーが操作する画面の設計を行います。コンテンツ、ボタンやWebサイトに表示する全ての要素を洗い出し、ユーザーの操作を想定した設計書を作成します。

機能設計

Webサイトの機能を設計します。ユーザー、管理者が必要とする各機能を実現するためのシステムやプログラム、データの構成や仕様などを言葉で定義します。

デザイン

画面設計書を元に、Webサイトにおける視覚面に対し装飾を行います。ユーザーの性質に合わせたデザインプラングを行い、視覚面の課題解決を行います。

マークアップ

Webサイトの文書構造・視覚表現の情報を、コンピューターが正しく認識できるように構造化します。デザインをそのまま作るだけではなく、適切な文書構造でマークアップします。

システム開発

Webサイトに必要とする機能を開発します。オープンソース・有償CMSの導入からアドオン機能まで幅広く対応し、システムを使ってWebサイトの運用を効率化します。

運用・保守

コンテンツ更新、サーバ保守、アクセス解析レポートまでWebサイトを維持、進化させていくための管理を行います。運用PDCAサイクル立案し計画性のある運用を実施します。

Webサイト解析レポート 無料提供中

お客さまのWebサイトを解析し、現状の課題点を表面化したレポートを作成します。
今後のWeb戦略立案の際にお役立てください。

お問い合わせ

Web production flow- Web制作の流れ -

自社のWebサイトはどのようにして制作していくのか、目に見えない部分が多くあります。
私達のWebサイト公開までの流れになります。

ヒアリング・戦略立案

ヒアリング・戦略立案

お客さまの課題、要望をヒアリングさせていただき、現状のWebサイトの競合他社の分析を実施します。ユーザとお客さまが求める両観点から考察を行い具体的なWeb戦略を立案します。潜在顧客が乱立しているマーケットにリーチしていく施策や、見込み顧客の囲い込みなどターゲット層によって戦略は異なります。抱える課題をしっかりとヒアリングさせていただきます。また、お客さまと私たちが目指すゴールの共通認識し、齟齬をなくすための要件定義を行います。

「Webサイトをどのように活用したいのか、いくら売り上げていきたいのか」など具体的な事や数字まで教えてください。また、「活用方法がよくわからない、こんなことしてみたい」など漠然的なものでも、ビジネスロードマップとユーザーとのタッチポイントを定義し明確にしていきます。

成果物
  • ビジネスロードマップ
  • カスタマージャーニーマップ

要件定義・設計

要件定義・設計

お客さまと私たちがWebサイトに求めるものを共通認識するために要件定義を行います。制作をスタートさせる前に、双方の認識がずれないために、掲載コンテンツや求める機能、デザインの方向性等を整理し要件定義書を作成いたします。

要件定義後に、サイト構造、ページ構成、必要とする機能を設計書にて定義します。ターゲット層に適した「ユーザーインターフェイス」「ユーザビリティ」「ユーザエクスペリエンス」を考慮したユーザーが利用しやすく、必要な情報が素早く見つけられるページ構成を考えた画面設計書を作成します。また、予約受付システムや自社管理するための更新機能などWebサイトに取り入れる機能を設計します。

成果物
  • 要件定義書
  • 画面設計書
  • 機能設計書

デザイン・実装

デザイン・実装

「戦略、要件定義、設計」を元に今まで言葉と設計図だったものから、実際のWebサイトにしていきます。ターゲットに沿ったデザインプランニングを行い、デザインを起こしていき、デザインを元にWebサイトの構築を行います。 HTML/CSS/Javascript/といった、Webサイト構築言語を使って形にして行きます。また、必要とする機能開発も本工程で実装していき、今までの構想がここで形になります。

制作/開発が終了した段階で、ユーザーが操作する画面の表示確認試験を行い、必要としている機能に不具合がないか機能の試験を実施します。試験項目に沿って試験を実施していきます。

成果物
  • JPGカンプデザインデータ
  • 表示試験結果報告書
  • 結合試験結果報告書

公開・運用

要件定義・設計

試験終了後に、お客様受け入れをしていただき、品質に問題がないかご確認いただいた後、Webサイトを一般ユーザに向けて公開します。検索エンジンへの登録を行い構築したWebサイトを検索できるようになります。 Webサイト運用のスタートラインになります。日々の運用の中で課題抽出、効果測定を実施しユーザーのニーズに答えるため日々改善するためのPDCAを実施していきます。

運用開始前にPDCAサイクルを立案し、定期的なスパンで改善提案と効果測定を行う事で、今日よりも明日と日々進化させていくWebサイトを目指していきます。また、Webサイトを維持していくためには、サーバー管理、コンテンツ管理、定期メンテナンスが必要になりますので、公開後のサポートも一貫しておうけさせていただきます。

成果物
  • 運用設計書
  • アクセス解析レポート
  • 運用報告書